車の廃車手続きマニアックストップ > 買取業者に廃車手続きを依頼する場合

買取業者に廃車手続きを依頼する場合

最近増えている廃車の手続き方法が買い取り業者に引き取ってもらうものです。これまで車の買取というと買い替えの際に利用するのが一般的でした。古くなって乗らなくなった車や事故車などはそのまま解体に出し、廃車手続きを行うというのが基本的な常識となっています。しかし、そういった古い車や事故車でも買い取ってくれるようになっています。

その際には買取業者が廃車手続きをすべて代行してくれます。解体にかかる費用も買取価格に含まれているため、別途にお金がかかることもありません。また、還付される自動車税がある場合にはその手続きも行ってくれます。

買い取り業者に廃車手続きを依頼する場合に特別に用意するものはとくにありません。車検証や印鑑証明、自賠責保険証など通常の自動車の買取時に必要になる書類だけ。買取をする際には業者が委任状と譲渡証明書を用意します。それによって名義変更を行い、廃車手続きなどを行ってくれるのです。

このように、乗らなくなった車を処分する方法として買取業者は非常に便利な選択肢です。廃車手続きは面倒くさいと思っている人にとくに向いている方法といえるでしょう。ただし、買取業者が解体業者に解体を依頼する際には中間マージンが発生するため、廃車手続きにかかる費用そのものは自分で行うよりもかなり割高になります。それが買い取り価格にそのまま反映されることになりますからその点には注意したいところです。また業者によっては手続きを迅速に行わずに自動車税の還付が少なくなったり、新たに請求が来てしまうことなどもあるので業者選びにも注意する必要があります。うまく活用して廃車手続きをスムーズに行いたいものです。