車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きと解体業者選び

廃車手続きと解体業者選び

自動車を廃車にする際は解体業者に依頼する必要が出てきます。解体する場合には廃車手続きの申請書に解体業者から解体証明書などによって通知を受けた「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」を記載しなければなりません。不法投棄などを防ぐためにもしっかり解体業者に依頼して解体してもらったことを証明する必要があるのです。

廃車手続きの際には解体業者の選択も重要なポイントとなってきます。解体業者に依頼する際には自分で車を持ち込む方法と、運送してもらう方法の2種類があります。もちろん自分で持ち込むほうが安上がりで済みますから、車検が切れていない段階で廃車を行うのが余計な費用を抑えるための重要なポイントとなります。

それから自動車リサイクル料金。車検前に廃車にする場合にはリサイクル料金を支払う必要が出てきます。これは自動車のメーカーや車種、機能などによって異なってきます。もしまだ支払っていない場合は引き取ってもらう段階で支払う必要があります。

注意したいのは下取り業者を通して廃車処分にする場合です。これらの業者は客から車を預かった後、解体業者に持っていくことで解体することになります。ところがいい加減な業者の中には引き取ってからしばらく間放置してしまっている場合もあります。そんな場合は引き取ってもらったにも関わらず自動車税の支払い請求が来てしまうという場合もあるのです。廃車・解体する場合には直接解体業者に持ち込んだ方が安上がりなうえ、確実に行うことができます。

また、名義が本人ではなくローン会社などの場合、所有権解除手続きなどを事前に行っておく必要もあります。いざ廃車しようと思った段階で不備が生じることがないよう、準備も必要です。廃車手続きの際には解体の方法や解体業者選びにもよく注意しておきたいところです。