車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きのポイント

廃車手続きのポイント

廃車手続きを行う際には無駄な費用を少しでも減らすために踏まえておきたいポイントがあります。

まず車検の有効期限。車検が切れれば当然公道を走ることができなくなります。ですから、その状態で廃車手続きを行う際には業者に運送してもらうことになります。数千円~1万円程度の費用がかかってしまいますから、必ず車検が切れる前、できればギリギリのタイミングで行うと無駄を少なく済ませることができるでしょう。

ただし、車検が切れている場合でも自賠責保険の有効期間が残っている場合には役所で仮ナンバーを発行してもらうことで一時的に公道を走ることができます。必要な費用は数百円程度。業者に運んでもらうよりもはるかに安上がりですのでぜひ利用したいところです。

実際に廃車手続きをする際に重要になるのが所有者名義。本人の場合は何の問題もありませんが、他人の名義である場合は注意が必要です。とくにローン会社やディーラー名義になっている場合は必要書類などを揃えるのにいろいろと面倒になります。廃車の時期が遅れれば遅れるほど自賠責保険や自動車税の還付金が少なくなってしまうので早めの確認が不可欠となるのです。

自賠責保険の返戻金や自動車税の還付金は自分で手続きを行わないと返ってこない点も要注意。廃車手続きと別個に行う必要があるうえ、必要となる書類や方法なども異なってくるためあらかじめ調べておく必要があります。

このように、より無駄と余計な出費を少なく廃車手続きを行うためのポイントがいくつかあります。廃車の際にはぜひとも踏まえておきたいところです。