車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きと自動車税還付

廃車手続きと自動車税還付

廃車手続きを行った際、自動車税が残っている場合にはその分の還付を受けることができます。これは廃車を行う際に忘れがちなポイントですから、ぜひとも覚えておきたいところです。

この自動車税の還付は廃車手続きを行えば自動的に受けられるものではありません。別途に手続きを行う必要があります。廃車手続きを行う陸運局には自動車税事務所もありますから、そこで手続きを行うことになります。

還付される金額は手続きを行った翌月から自動車税の残り期間を月割りで計算された分となります。ですから、廃車手続きを行う時期によって還付される金額が大きく異なってくるのです。たとえば3月に廃車にした場合には還付はありません。手続きをした翌月から3月までの自動車税が戻ってくることになるのです。

還付は手続きをしたその場で受け取れるのではなく、手続きから2ヶ月程度が経過した段階で行われます。還付通知書が届けられますから、それを金融機関に持参して還付金を受け取ることになります。

注意が必要なのはこの段階で未払いの自動車税が発生している場合には逆に請求されてしまうことです。たとえば4月に廃車にした場合には廃車後に1ヶ月分の自動車税を支払わなければならなくなります。この場合には1年間分ではなく1ヶ月分の納付書で支払うことになります。

ただし、軽自動車の場合はこの自動車税の還付が受けられないため、廃車をする際には覚えておきましょう。

せっかく払った自動車税を無駄にしないためにも、還付手続きもしっかり行っておきたいところです。