車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きに必要となる書類

廃車手続きに必要となる書類


廃車手続きを行う場合にはあらかじめ準備しておかなければならない書類がいくつかあります。これらを準備しておかないと手続きを完了させることができないので事前の準備が不可欠となります。

基本となる書類としては車検証(原本)、免許証、ナンバープレート、所有者の印鑑証明書が1通、印鑑証明書と同じ実印、自賠責保険の原本となります。一時抹消登録の際にはナンバープレートを自分で外す必要がありますから注意が必要になります。

それから業者に解体を依頼した際に受け取る自動車リサイクル券も必要になる場合があります。なお、軽自動車の場合は印鑑証明書と実印は必要なく、認印だけで廃車手続きを行うことが可能です。

そのほか廃車手続きの際に準備する書類で注意しなければならない点としては申請書への記載があります。たとえば解体を業者に依頼した際に通知を受ける解体報告記録日、それから自動車税の還付を受けられる場合には振込先の銀行名や口座番号。書類とは異なりますが、メモしたものを持参する必要があるでしょう。

なお、一時抹消登録を行った後改めて永久抹消登録を行う解体抹消の手続きの際には一時抹消登録の際に発行された一時抹消登録証明書が必要になります。

これらの書類が揃っていないとスムーズに廃車手続きができないだけでなく、業者に代行してもらう場合には別途料金が請求される場合があります。これら必要書類は廃車手続きを行ううえで最低限必要になるものですから、忘れずに準備しておきましょう。