車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きの際の注意点

廃車手続きの際の注意点

廃車手続きをする際、その人の環境によってはさまざまな問題が発生する場合があります。スムーズに廃車手続きを完了するためにはあらかじめその注意点を踏まえ準備しておくことが必要になります。

たとえば車検証に記載された住所と現在の住所が異なる場合。この場合には特別な書類が必要になります。引越しが1回の場合は住民票、2回以上の場合には戸籍の附表が必要になります。

それから車の所有者の名義が本人ではない場合。とくにディーラーや信販会社の場合は事前の準備が重要になってきます。この場合には印鑑証明書や車検証のコピー、委任状、自賠責保険の原本などの書類を所有者に郵送します。信販会社の場合にはローン完済証明書も必要になります。その上で所有者から委任状と譲渡証、印鑑証明書を準備してもらい、それを持参したうえで廃車手続きをすることになります。その分手間や時間がかかるのでよく踏まえたうえで計画を立てる必要が出てくるのです。

もうひとつ、名義に記載されている所有者が亡くなっている場合。その場合には原則として親族が手続きを行うことになります。手続きを行う人の免許証、所有者との親族関係を確認できる戸籍謄本、そして所有者が亡くなっていることを確認する除籍謄本などが必要になります。これはとくに用意すべき書類が多くなるので注意したいところです。

このように、特殊なケースで廃車手続きを行う場合にはあらかじめ準備しておかなければならないことか多々あります。いざ手続きをする際に不備が発覚するようなことがないよう、しっかり把握しておきたいところです。