車の廃車手続きマニアックストップ > 永久抹消手続きの流れ

永久抹消手続きの流れ

もう乗らなくなった車を処分する際には永久抹消登録を行うことになります。このタイプの廃車手続きを行うともうその車を利用することはできなくなります。

永久抹消手続きの最大のポイントは費用がかからないことです。解体費用はかかりますが、自分で行えば手続きにかかる費用はかからずに済むのです。

永久抹消手続きを行う際にはまず車を解体してもらうことが必要になります。その際には返納するためにナンバープレートを取り外しておきます。また廃車時に自動車リサイクル料金が発生することもあるので注意しましょう。解体が行われると解体報告記録日の連絡が来ますから、忘れずにメモしておくようにします。

実際の手続きは陸運局の窓口で行うことになります。そこにある申請書に必要事項を記入し、必要書類と一緒に提出します。この際に注意したいのはまずナンバープレートを返納しておくこと。その際に受け取る確認印やシールが必要になります。また自動車税の還付がある場合にはそのことも記載しておきます。すると申請後に自動車税の還付申請書を受け取ることができます。

永久抹消の手続きは以上の通りです。踏まえておくべきポイントさえ忘れずにいればとくに難しいものではありません。自分で行えば最小限の費用で廃車手続きをすることができますから、試してみてはいかがでしょうか。

なお、自賠責保険の有効期限が残っており、解約による返戻金が発生する場合には「登録事項証明書」が必要になる場合があります。そんな場合には発行手続きも行います。これは有料で300円となります。