車の廃車手続きマニアックストップ > 廃車手続きとは

廃車手続きとは

廃車手続きとは文字通り乗らなくなった車を処分するための手続きです。スクラップなどにする場合にはまずこの手続きをしたうえで行う必要があります。もし廃車手続きをしないままにしておくと自動車税を支払い続けなければならなくなります。

また、スクラップにする場合だけでなく、一時的に車に乗らなくなる期間がある場合にも行うことができます。その間自動車税を支払わずにすむことができるのです。

そんな廃車手続きにはいくつかの種類があります。完全にその車を処分する際に行うのが「永久抹消手続き」。もっとも一般的な手続きとなります。この手続きを行った場合にはもうその車を使用することはできなくなります。

もうひとつが「一時抹消手続き」。これは先ほど取り上げた一時的に車に乗らない場合に行う手続きです。手続きをすると自動車を使用することができなくなる反面、その期間自動車税を支払わずにすみます。この手続きの特徴は再び乗る機会が訪れた場合は再度車検を通すことで再び乗ることができるようになることです。一度抹消手続きを行った後、やっぱりもう乗らなくなったという場合には「解体届出」を行うことになります。改めて永久抹消を行うのと同じことになります。

これらの廃車手続きは原則として普通自動車に適用されるものです。軽自動車の場合も基本的には同じですが、名称が異なります。「永久抹消」は「解体返納」、「一時抹消」は「自動車検査証返納届」となります。

このように、廃車手続きにもさまざまな種類がありますが、自分はどのケースが当てはまるのかまず把握しておくことが不可欠となるでしょう。